コレステロールを下げるサプリメントの役割と成分

コレステロールを下げたい場合、運動をしたり、食品に気をつけることが大切になってきますが、それだけではなかなか変化がないこともあります。
そうした時にぜひ使って欲しいのがコレステロールを下げるサプリです。
適度な運動と食事の見直しを行いながらサプリを活用するとコレステロールをより効果的に下げることができます。
そこで、みなさんにコレステロールを下げるサプリがどういったものなのか知っていただくために役割・成分について詳しく説明したいと思います。

コレステロールを下げるサプリの役割って?

サプリを飲んでいれば勝手にコレステロールが下がるだろうと思っている方はいませんか?
残念ながらこれは大きな間違いです。
一時的に多少下がるかもしれませんが、サプリだけでは限界があるので、コレステロールを基準値まで下げるのは難しいと思ってください。
あくまでもコレステロールを下げるサプリの役割はサポートにすぎません。
食事で補えない成分をサプリで摂るというのが正しい使い方なので間違わないでくださいね。

ちなみに身近な食品でコレステロールを下げるのに有効だといわれているのがヨーグルトです。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、コレステロールの代謝を促し、コレステロール値を下げる働きがあります。
市販のヨーグルトでもいいですが、私がおすすめするのは口コミで人気のDHCヨーグルトです。
DHCヨーグルトは市販のヨーグルトとは違って、自分で一から作ります。
使用する牛乳によって風味が変わるので、自分好みのヨーグルトを食べることができます。
市販のヨーグルトは苦手だけどDHCヨーグルトなら食べられる!という方もいるようなので、コレステロールを下げるために試してみてはいかがでしょうか?

コレステロールを下げるサプリの成分って?

・DHA
コレステロールを下げる成分として最も有名なのがDHAです。
コレステロールだけではなく、中性脂肪を減らす効果もあるので、様々なサプリに使用されています。
頭をスッキリさせたり、集中力を高める作用もあるようですね。

・EPA
DHAほど知名度は高くありませんが、EPAもコレステロールと中性脂肪を下げるのに有効な成分です。
中でも中性脂肪を減らす効果が強いので、中性脂肪値が高めの方は積極的に摂った方がいいと思います。
DHAと一緒に摂取するとお互いの効果がアップするので、サプリを買うならEPAとDHAの両方が配合されているタイプを選びましょうね。

・ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼという成分もよくコレステロールを下げるサプリに使用されています。
血中の脂質を減らし、コレステロールを下げる働きを持っているので、コレステロールが気になる方におすすめです。
血栓を溶かす作用もあるので、動脈硬化が気になる方にもいいでしょう。

コレステロールを下げるにはEPA・DHAの配合量が基準!

コレステロールを下げるサプリを選ぶ際、必ずチェックして欲しいのがEPA・DHAの配合量です。
EPA・DHAの配合量が少ないものは効果が期待できないので気をつけてください。
実際、コレステロールを下げるサプリの中に配合量が少ないものは結構あります・・・。

1日に必要なEPA・DHAの摂取量は1000mgですが、さすがに食事だけで補うのは無理があります。
そこで登場するのがサプリです。
足りない分をサプリで補えば簡単に目安量に近づけます。
サプリによる摂取は半分くらいが理想だとされているので、1日に500mg前後摂取できるサプリを選ぶのがいいと思います。

コレステロールを下げるサプリの欠点とは?酸化防止が必要

コレステロールを下げるサプリには、1つ大きな欠点があります。
有効成分のEPA・DHAは酸化しやすいという性質を持っているため、酸化防止がされていないサプリだと本来の効果を得ることができません。
どんなにたくさんEPA・DHAが入っていても酸化していては意味がないのです。
そのため、コレステロールを下げるサプリを購入する場合は、必ず酸化防止がしっかりと行われている商品を選びましょうね。

酸化を防ぐ成分には色々ありますが、私が高く評価しているのはクリルオイルです。
ビタミンEも酸化防止成分として使用されていますが、クリルオイルはビタミンEの1000倍のパワーがあるといわれています。
フレッシュな状態のまま体内に取り入れることができるので、私ならクリルオイルが入ったタイプを選びます。

コレステロールを下げるサプリメントをランキングでおすすめ!

私の実体験や口コミなどをもとにコレステロールを下げるサプリをランキング形式で紹介しますね。
サプリ選びで困っている方は、この中から選んではいかがでしょうか?

第1位 さくらの森 きなり

コレステロールを下げるサプリメントのランキング第1位は、さくらの森 きなりです。
口コミ通り効果がかなりありましたし、15日間の返金保証があるので仮に合わなかった場合でもリスクがないということで1位にしました。

きなりに使用されている酸化防止成分は、ビタミンEよりも強力なクリルオイルです。
酸化しやすいというコレステロールを下げるサプリの欠点がこれによって解消されています。
サプリにおいて品質は非常に重要なので、クリルオイルを使っているきなりが一番いいと感じました。

そして、きなりはニオイも気になりません。
特殊製法によって魚臭さがブロックされているので、ストレスなく飲むことができました。

とてもバランスのいいサプリだと思うので、ぜひみなさんにも飲んで欲しいです。

 

第2位 ニッスイ イマークS

コレステロールを下げるサプリメントのランキング第2位には、ニッスイ イマークSを選びました。
EPA・DHAの配合量がとても多く、しかも飲みやすいというのが特徴です。

ニッスイ イマークSにはEPAが600mg、DHAが260mg配合されています。
ここまでEPA・DHAの配合量が多いサプリは、なかなかお目にかかれません。
1位のきなりでもEPA・DHAの配合量は500mgですからね。

コレステロールを下げるサプリは粒タイプやカプセルタイプが多いですが、ニッスイ イマークSはドリンクになります。
さっぱりしたヨーグルト系の味なので、気軽に飲むことができました。
粒やカプセルタイプのサプリが苦手な方におすすめしたいです。

少々他のサプリと比べるとコストパフォーマンスが気になりますが、EPA・DHAの配合量が多いから仕方がないかもしれませんね。

第3位 白井田七

ランキング第3位に入ったのは、白井田七です。
白井田七もきなり同様、さくらの森から発売されているコレステロールを下げるサプリになります。
EPA・DHA配合のサプリが多い中、白井田七はサポニンを有効成分として使用しています。

サポニンにはEPA・DHAと同じく、コレステロールを下げる働きがあります。
さらに脂肪の蓄積を抑制たり、血流を改善したり、血栓をできにくくする作用もあるので、生活習慣病を予防・改善にしたい方におすすめの成分です。
EPA・DHAは配合されていませんが、十分効果が見込めます。

しかし、きなりやニッスイ イマークSと比べると飲みやすさに難があります。
漢方を飲む時のような苦みを感じました。
私はそこまで気になりませんでしたが、人によっては抵抗があるような気がします。

第4位 小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPA

小林製薬 ナットウキナーゼ DHA EPが第4位にランクインしました。
有効成分として青魚のEPA・DHA、納豆のナットウキナーゼ、タマネギのケルセチンが配合されています。
有効成分の多さではきなりやニッスイ イマークSよりも上です。

3つの有効成分が使用されているのは評価できますが、EPA・DHAの配合量がちょっと物足りないですね。
これでEPA・DHAの配合量が多かったら第3位にしても良かったのですが・・・。
ただ、EPA・DHAは少なくてもナットウキナーゼがたっぷりと配合されているので効果は期待できます。

初回限定30%OFFキャンペーンを実施しているので、試しやすいと思います。
実際に買ってみましたが、味・ニオイともに問題なく、飲みやすかったです。

 

更新日:

Copyright© コレステロールを下げるサプリは配合量で選ぶ!【売れてるのはコレ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.